検索
  • Posha

インド風水 -ヴァストゥー

もうすぐ夏至。エラゴンは星の航海図を読み解く人と、以前言われたことがあります。2020年の夏至は北インドから日蝕が観測できるそうです。


今日はバスーのクラス

今は主にヴァストゥ(Vastu)について習っています。 ヴァストゥとは、”Vastu Shastra” というインド版風水です。



『インド風水ヴァストゥは、古代インドで発達した学問で、現代の学問に対応するものとしては、心理学、脳科学、建築環境工学、都市工学などが挙げられる。ヴァストゥという言葉の意味は、狭義には「建築物」や「住居」だが、広義には「生命力」や「環境」』

風水と同様、ヴァストゥにもその影響を中和するレメディがあります。また敷地を81の区画に分け、その各区画に特定の神が住まうと考えます。


そしてうつ伏せになった神格ヴァストゥ・プルシャの存在もヴァストゥの特徴です。

バスーはこのヴァストゥに関してもプロフェッショナルで、ドバイやロシアなど世界各地へ鑑定の仕事で行っています。

彼のお話が本当に面白くて、奥深い。 時間が経つのもあっという間です。


英語とヒンディー交えてのテンポの良いお話についていくのもやっとですが、エラゴンがいてくれるのでなんとか理解できています。 子どもたちには大変貴重な学びと思います。 学校に行っても学べない内容。 もうすぐ雨季のシーズン。学ぶにはうってつけ。

必要な遊びや学びが毎日続きます。


今日はヒーリングスティックでエネルギー診断もしてくれました。



占星術もヴァストゥも、個人への影響ではなく、家族や職場の人たちなどグループ単位での人々への影響を考える科学です。 古代からのタントリックな叡智がたくさん詰まっています。


占星術も、ヴァストゥも、日本からでも鑑定可能とのこと。

必要なデータを事前に送ってもらい、今後、準備が出来次第スカイプセッションなども行いたいと考えています。まずは仲間内からはじめていきます。


バスーとのパートナーシップも高まり、新しいエラゴンのお仕事が開けていくようです。もちろん子どもたちには今を生きる上で、最高のレッスンです。


そして、さっき虹が出ました



0件のコメント

最新記事

すべて表示