検索
  • Posha

パドマサンヴァバ


そして夕方の露店街を通っていたら、一件少し周りと違う店が…

全てリアルで周りにないものばかり。


そこに蓮の上のパドマサンヴァバが。

話を聞くと、彼は昔はその辺と同じ露天商をやっていた。

ある日チベットから亡命してきたおじいちゃんが、家財を買ってくれときた。

全てを捨てて亡命してきたおじいちゃんを助ける意もあり、家財を一8000rsで買った。その時は少し後悔した。8000は大きい!

しかしすぐ翌日に、アメリカ人がそれを15000で買ってくれた。

その時彼は、おお、この方法で自分がチベットの同胞を助けることができると気づく。それからそのように買い付けを始めた。なので彼の店には、古きリアルチベットのものばかり。


僧院の仏像やお面など、いろいろ。

少し高いけど、アンティークの本物ばかり。

彼は両親が、チベットからの亡命者だという。


なんだかハートに響いて、涙が出そうになった。

誠実な商売の仕方も美しい。


最後に1人ずつネックレスをプレゼントしてくれた!

しかもそれぞれのイメージを探してくれて。


みんなで夕焼けに染まるヒマラヤを見ながら帰った。

途中のテンプルロードにある僧院の子どもたちが遊ぶ姿と夕陽の光景に出会う。思わず懐かしくてたまらず、泣き出してしまった。


レムリアの叡智を感じずにはいられない。


確実に、私たちの中にある魂の記憶に繋がっている。


お帰りなさい。

ここに帰ってきた。

そういう気持ちが湧き上がってきた。


全員のハートが歓喜している。

子どもたちはまた新たにたくさんのクリスタルとも出会った。

ヒマラヤのクリスタルたち。


0件のコメント

最新記事

すべて表示