検索
  • Posha

Lock down → Rock down

毎日、充実し過ぎて、胸が高鳴ります。 ロックダウンのおかげで… やっと私自身の場所にいる、自分に集中出来ている、そんな感覚


今朝もやはりおでこにシヴァが描かれてるチッタが尻尾を振りながら駆け寄って来てくれました。 可愛い過ぎる 彼は本当に賢くて美しい子です。

チッタに挨拶したらチョンゲとバスーに会えました。 その流れから、バスーにクリスタルの叡智と占星術etc たくさんのことを注ぎ入れて貰いました。

それぞれが購入したジェムストーンたちの波動特性と加工のプロセス、ヒーリングへの具体的な用い方などなど。

インドにたくさんの鉱物が集まってくる背景と、高い加工技術なども教わりました。 マハラジャに仕えた職人たちの伝統技術です。



瞑想やヒーリング、占星術…チベタンであり、インディアンである彼らは本当にヒマラヤンクリスタルの叡智を開示している人たち。 ホテルだけでなく、アートの工房、ショップを重要な聖地にて展開しています。

チャンバーという村に自らの民族のチベット寺院を持ち、叡智を大事に受け継いでいる人たち。 そしてそのクリスタルの叡智を世界中に開示しています。


インドには、「固有の文化を保ちつづけてきたとみなされるコミュニティを指す名称」として、“Scheduled Tribes”(指定部族) というカテゴリーがあります。 ヒマーチャルプラデーシュ州にも数部族指定されていて、その中の一つに「カンパ(Khampa)」という部族があります。


Khampaとはチベット語でKhamの者という意味で、数百年前にチベットのカム地方からインドへ来たとされています。彼らはもともと遊牧民族なので、出身はカムであっても土地から土地へと移動し続けていく部族だったそう。

数百年前にインド内に入ってからは、ヒマラヤ山嶺のインド社会に溶け込みながらも、チベット仏教を信仰し続けて来ています。


今ここにいる彼らもそのカンパ部族に属する人々。 チュラー(Churah)という、インドの奥地ヒマラヤ山嶺標高3000mの谷から来ています。

家族や仲間を大事に、真に豊かな創造活動をしている。 子どもたち、私たち、そしてエラゴンにたくさんのアイデアやサポートを惜しみなく注いでくれています。


この流れ〜 無限のベネフィット きっと日本のみんなにも大きく、繋がっていくと思います。

子どもたちの代その先の代までも。 叡智は求めるものに受け継がれていきます。

凄いことを魂は導いている。 それほど尊いこと。

このロックダウンの時だからこそそう思える。

Lock down から、 Rock down

クリスタルブラザーの愛に日々、大きく感動中。

次元を自ら書き変えていく時。 この時を待ち望んでいました。

インドは凄い深い

ありがとうございます





0件のコメント

最新記事

すべて表示