検索
  • Posha

to Kolkata


微笑みの国バンコクでの1週間の滞在を経て、いざインドへ

初めてのバンコク、楽しい典子ちゃん家族との思い出を胸に。

殆ど寝ずに、真夜中1時にホテルを出発。

明け方のスパイスジェットに乗りこむ。

2時間半のフライト。あっという間にインド入り🇮🇳



入国審査もスムーズ。

コロナウイルスのサーモグラフィーチェックも問題なく通過しました。


サダルストリートへとタクシーで向かう。黄色いおんぼろタクシーだけど味

これまでと違う街の雰囲気。

なんか気合が要りそう〜笑笑

コルカタでホテルを探し、お昼を食べて、お昼寝。 爆睡して、起きたらマーケット巡り。 明日からのホテル予約と建て直しながらインド時間がスタートする。 さすがにインド。 エネルギーが半端なく、圧倒される。 やっぱりこの雰囲気、波動、インドだよなあと言いながら笑



初めて来たコルカタの雰囲気が好き。 ベンガル人の男たちの素朴なかっこよさにも触れ合えています。 エラゴン水を得た魚のよう🐟 生き生きしています。 典子ちゃんシエナ、チイはバンコクから帰国の途につきました。 本当に楽しいタイでの1週間でした。 とっておきのバケーションをありがとう。 最後のカオサンでの夜も賑やかでした。


みんながさらにトランスバーサント 地球上で、多次元的に交差する次元移動へと✨

Seven stars choices new araiament










バンコクからのコルカタ入り。 全てがスムーズで嬉しいです。 さっそく午後はベンガルシルクの買い付けなど。 ガヤ出身の人たちとも交流しました。

マーケットの賑わいがこれまででいちばんでした✨

翌朝は、カイトが見つけてくれたホテルサルベーションアーミーという古いホテル前の光景に心が弾む。 インド最古、アジア最大の博物館の敷地内だということ。 久しぶりに、深く降り立った感じ。 そして、肉体周波数が上手に変換されて馴染んだようです。 ここはインドの古い叡智のポータル、 女神意識のフィールドで、そのように受信しました。 ベンガルらしい落ち着いた古い街並み 気候はやや肌寒いくらい。 バンコクからきたら尚更涼しく感じるのかも。

廃墟もいっぱい。

建物の多くはイギリス統治時代からのもの。 建物に植物が生えてる。エラゴン曰く、いーくんたちが見れる最後の姿かもって。

ベンガル湾は貿易上、大事なところ。 コルカタはカーリーカタの転化。 文化も独特でベンガル語を話し街中にベンガル文字が。 仏教的には古い時代のマガダ国でもある。 さあ、今日は博物館を巡ります。 ホテルの部屋の真前が地質学研究所、隕石保管庫のようです。


0件のコメント

最新記事

すべて表示